Japanese Bible

Total Pageviews

Search This Blog

使徒言行録 13

Colloquial Japanese Bible Kougo-Yaku (1954-55)

使徒言行録 13


さて,アンティオキアにある集会には,幾人かの預言者や教師がいた。すなわち,バルナバ,ニゲルと呼ばれるシメオン,キュレネのルキウス,領主ヘロデの乳兄弟マナエン,そしてサウロである。 
彼らが主に仕えて断食をしていると,聖霊が言った,「バルナバとサウロを,わたしのため,わたしが彼らを召した目的である業のために取り分けなさい」。 
そこで,彼らは断食して祈り,手を二人の上に置いてから,出発させた。 
こうして,二人は聖霊によって送り出され,セレウキアに下って行った。そこからキュプロスに向けて出帆した。 
サラミスに着くと,ユダヤ人の諸会堂で神の言葉を宣明した。彼らは助手としてヨハネも連れていた。 
島じゅうを巡回してパフォスまで行くと,ある魔術師を見つけた。ユダヤ人の偽預言者で,バル・イエスという名で, 
セルギウス・パウルスという物わかりの良い地方総督のもとにいた。地方総督はバルナバとサウロを呼んで,神の言葉を聞こうとした。 
ところが,そのエリマという魔術師(彼の名はこのように訳される)は彼らに抵抗し,地方総督をこの信仰から遠ざけようとした。 
しかし,パウロとも呼ばれていたサウロは,聖霊に満たされ,彼をじっと見つめて 
10 言った,「ああ,あらゆる欺きと悪賢さに満ちた者,悪魔の子,あらゆる正義の敵よ。あなたは主の正しい道をゆがめることをやめないのか。 
11 それなら,見よ,主のみ手があなたの上にある。あなたは目が見えなくなり,時が来るまで日の光を見ないだろう!」 すぐに,かすみと闇とがその上に臨み,彼は手を引いてくれる人を探しまわった。 
12 そこで,地方総督は起きた事柄を見て,主の教えに驚き,信者になった。 
13 さて,パウロとその道連れはパフォスから出航し,パンフィリアのペルガに来た。ヨハネは彼らから離れてエルサレムに帰ってしまった。
14 しかし彼らはペルガから進んで行き,ピシディアのアンティオキアに来た。安息日に会堂に入って席に着いた。 
15 律法と預言者たちの朗読の後で,会堂長たちが彼らのもとに人を遣わして言った,「兄弟たち,民のために何か勧告の言葉がありましたら,話してください」。 
16 パウロは立ち上がり,手で合図をして言った,「イスラエルの人たち,ならびに神を恐れる皆さん,聞いてください。 
17 この民{TR, NUは「イスラエル」を加えている}の神は,わたしたちの父祖たちを選び出し,エジプトの地で異国人として滞在していた間にこの民を高め,高く上げたみ腕をもって彼らをそこから導き出されました。 
18 およそ四十年の期間にわたって荒野で彼らを養われました。 
19 カナンの地で七つの民族を滅ぼし,その地を相続財産として彼らに与えられました。これが,およそ四百五十年間にわたりました。 
20 こうした事ののち,預言者サムエルの時代まで彼らに裁き人を与えられました。 
21 のちに彼らが王を求めたので,神は四十年のあいだ,ベニヤミン族の人,キシュの子サウルを彼らに与えられました。 
22 彼を退けてから,ダビデを立てて彼らの王とし,彼についてこうも証言されました,『わたしはエッサイの子ダビデ,わたしの心にかなう者を見いだした。彼はわたしの望むことをみな行なうだろう』。 
23 この人の子孫から,神は約束に従って,イスラエルに救い{TR,NUは「救い」の代わりに「救い主イエス」と読んでいる}をもたらされたのです。 
24 その方が来られる前に,まずヨハネがイスラエルに{TR,NUは「イスラエルに」の代わりに「イスラエルの民すべてに」と読んでいる}悔い改めのバプテスマを宣教しました。 
25 自分の走路を終えようとするとき,ヨハネは言いました,『あなた方はわたしが何者だと思っているのか。わたしはその者ではない。だが,見よ,その方はわたしの後に来られるが,わたしはその方の足のサンダルのひもをほどくにも値しない』。 
26 兄弟たち,アブラハムの血統の子らである皆さん,そしてあなた方の中で神を恐れる方たち,この救いの言葉はあなた方に送られたのです。 
27 エルサレムに住む人たちやその支配者たちは,彼のことを知らず,また安息日ごとに朗読される預言者たちの言葉も知らずに,彼を罪に定めることによってそれらの言葉を実現させました。 
28 死に値する理由を何も見いだせなかったのに,ピラトに願って彼を殺させたのです。 
29 彼について書かれている事柄をすべて実現させてから,彼を木から取り下ろして墓の中に横たえました。 
30 しかし,神は彼を死んだ者たちの中から起こされました。 
31 彼は幾日にもわたって,彼と共にガリラヤからエルサレムに上って来た人たちに現われました。彼らは民に対して彼の証人になっています。 
32 わたしたちは,父祖たちになされた約束についての良いたよりをあなた方に伝えています。 
33 すなわち,神はイエスを生き返らせて,わたしたち子孫に対してその約束を果たしてくださったのです。詩編の第二編にも,こう書かれているとおりです。 『あなたはわたしの子。 わたしは今日あなたの父となった』。 
34 「彼を死んだ者たちの中から起こされ,もう二度と腐敗することのない者とされたことについては,こう言っておられます。『わたしは,ダビデに約束した確かな祝福をあなた方に与えるだろう』。 
35 ですから,詩編のほかの箇所でもこう言われています。『あなたは,あなたの聖なる者が腐敗を見ることをお許しにならない』。 
36 実際,ダビデは,自分の世代のうちで神のお考えに従って仕えた後,眠りに落ち,自分の父祖たちと共に横たえられ,腐敗を見ました。 
37 しかし,神が生き返らせたこの方は,腐敗を見ることがなかったのです。 
38 ですから,兄弟たち{この「兄弟たち」という言葉は,ここや文脈が許す箇所においては,正確には「兄弟たちと姉妹たち」または「きょうだいたち」とも訳せる。},このことを知ってください。この方による罪の許しがあなた方に宣明されており, 
39 モーセの律法によっては義とされることのなかったあらゆることについても,信じる者はこの方によって義とされるのです。 
40 ですから,預言者たちの中で語られているこのことがあなた方に臨まないよう用心していなさい。 
41 『見よ,あざける者たちよ,驚け,滅び去れ。 わたしはあなた方の時代に一つの業をなす。 だれかが詳しく説明しても,あなた方が決して信じることのない業を』」。 
42 そこで,ユダヤ人たちが会堂を出て行くと,異邦人たちは次の安息日にもこうした話をして欲しいと懇願した。 
43 そして,会堂が解散してから,大勢のユダヤ人たちと敬けんな改宗者たちがパウロとバルナバに従った。二人は彼らと語り合い,神の恵みのうちにとどまっているようにと勧めた。 
44 次の安息日には,ほとんど町全体が神の言葉を聞くために集まった。 
45 しかし,ユダヤ人たちはこの群衆を見てねたみに満たされ,パウロが語った事柄に反対して,ののしった。 
46 パウロとバルナバは大胆に語って,こう言った。「神の言葉はまずあなた方に対して語られることが必要でした。ところが,あなた方はそれを自分たちから押しのけ,自分自身を永遠の命に値しない者としているのですから,見なさい,わたしたちは異邦人たちのほうに向きを転じます。 
47 主はわたしたちにこう命じられたからです。 『わたしはあなたを異邦人たちのための光とした。 あなたが地の最も遠い所に至るまでも救いをもたらすためだ』」。 
48 異邦人たちはこれを聞いて喜び,神の言葉の栄光をたたえた。永遠の命のために定められていた者たちはみな信者になった。 
49 主の言葉はこの地方全体に広まって行った。 
50 ところが,ユダヤ人たちは敬けんで有力な婦人たちや町の主立った人たちを扇動して,パウロとバルナバに対する迫害を起こし,二人を自分たちの地方から追い出した。 
51 一方,二人は彼らに対して足のちりを払い落とし,イコニオムに行った。 
52 弟子たちは喜びと聖霊とに満たされていた。 

Colloquial Japanese Bible Kougo-Yaku (1954-55) : 使徒言行録 13