Japanese Bible

Total Pageviews

Search This Blog

使徒言行録 20

Colloquial Japanese Bible Kougo-Yaku (1954-55)

使徒言行録 20


騒動が収まったのち,パウロは弟子たちを呼び集め,別れを告げてから,マケドニアに向けて出発した。 
その地帯を通って行き,多くの言葉で人々を励ましてから,ギリシャに入った。 
そこで三か月を過ごしたが,シリアに向けて出航しようとしていたとき,彼に対する陰謀がユダヤ人たちによって企てられたので,マケドニアを通って帰ることに決めた。 
アシアまで彼に同伴していたのは,ベレアのソパテロ,テサロニケ人のアリスタルコスとセクンドス,デルベのガイオス,テモテ,それにアシアのテュキコスとトロフィモスであった。 
しかし,これらの者たちは先に立って,トロアスでわたしたちを待っていた。 
わたしたちは,種なしパンの期間ののちにフィリピから出航し,五日のうちにトロアスにいる彼らのもとに着き,そこに七日間滞在した。 
週の初めの日,弟子たちがパンを裂くために集まっていた時,パウロは翌日出発するつもりだったので,彼らと語り合ったが,彼の話は真夜中まで続いた。 
わたしたち{TRは「わたしたち」の代わりに「彼ら」と読んでいる}が集まっていた階上の部屋には,たくさんの明かりがあった。 
エウテュコスという名の若者が窓のところに腰かけていたが,深い眠りに陥った。パウロの話がなおも長引くので,眠りこけて,三階から下に落ちてしまった。そして,抱き起こしてみると死んでいた。 
10 パウロは降りて行き,彼の上に身を伏せ,抱きしめて言った,「騒いではいけない。彼の命は彼の内にあるのだから」。 
11 上がって行って,パンを裂いて食べ,夜明けまで長い間語り合ってから,出発した。 
12 人々は生き返った少年を連れ帰り,大いに慰められた。 
13 さて,わたしたちは先に船に乗り,アソスに向けて出航した。パウロをそこで乗船させるつもりであった。というのは,彼自身は陸路で行くつもりで,そのように手はずを整えていたからである。 
14 彼がアソスでわたしたちと落ち合うと,わたしたちは彼を乗船させて,ミテュレネに着いた。 
15 次の日,そこを出航してキオスの沖に達した。その翌日,サモスに立ち寄ってトロギュリウムに泊まり,明くる日,ミレトスに着いた。 
16 これはパウロが,アシアでは少しも時を費やさないように,エフェソスには寄らないことに決めていたからである。できるならばペンテコステの日にはエルサレムに着いていたいと,旅を急いでいたのである。 
17 彼はミレトスからエフェソスへ人を遣わし,集会の長老たちを呼び寄せた。 
18 彼らがやって来ると,彼は彼らに言った,「わたしがアシアに足を踏み入れた最初の日から,いつもあなた方と共にいたことを,あなた方は知っています。 
19 わたしは謙そんの限りを尽くし,多くの涙と,ユダヤ人の陰謀によって自分の身に起こった数々の試練とをもって,主に仕えてきました。
20 少しもためらわずに,何でも益になることをあなた方に話して聞かせ,公にも家から家にもあなた方を教え, 
21 神に対する悔い改めと,わたしたちの主イエス{TRは「キリスト」を加えている。}に対する信仰を,ユダヤ人にもギリシャ人にも証言して来ました。 
22 そして今,ご覧なさい,わたしは霊に縛られてエルサレムに行こうとしています。そこでわたしに何が起きるのか知りません。 
23 分かっているのは,聖霊がどの都市でも証言をして,鎖と苦難とがわたしを待ち受けていると言っておられることだけです。 
24 それでも,自分の競走を喜びのうちに終え,神の恵みについての福音を十分に証言するという主イエスから受けた奉仕の務めを果たすためならば,そんな事柄はものの数ではありませんし,自分の命が惜しいとも思いません。 
25 「そして今,ご覧なさい,わたしが神の王国を宣教してまわったあなた方は皆,もはやわたしの顔を見ないことを,わたしは知っています。 
26 ですから,すべての人の血についてわたしは潔白だということを,今日あなた方に証言しておきます。 
27 少しもためらわずに,神のお考えすべてをあなた方に話して聞かせたからです。 
28 ですから,自分自身と群れの全員に注意を払っていなさい。聖霊は,神がご自身の血をもって買い取られた,主および{TR,NUは「主および」を省いている。}神の集会を牧させるために,あなた方をその群れの中で監視者とされたからです。 
29 わたしの出発ののち,意地の悪いオオカミがあなた方の中に入って来て群れを荒らすことを,わたしは知っています。 
30 あなた方自身の中からも,曲がった事柄を語って,弟子たちを自分のほうへ引きずりこもうとする者たちが起こるでしょう。 
31 ですから,わたしが三年の間,夜も昼も,涙をもってひとりひとりに忠告してきたことを思い出し,見張っていなさい。 
32 そして今,兄弟たち{この「兄弟たち」という言葉は,ここや文脈が許す箇所においては,正確には「兄弟たちと姉妹たち」または「きょうだいたち」とも訳せる。},わたしはあなた方を神とその恵みの言葉とにゆだねます。この言葉は,あなた方を築き上げ,聖別されたすべての人々と共に相続財産を与えることができるのです。 
33 わたしはだれからも,銀や金や衣服を欲したことはありません。 
34 あなた方自身が知っているとおり,この両手は,わたしの必要のためにも,わたしと共にいた者たちのためにも働いたのです。 
35 あなた方がこのように労苦して弱い人々を助け,主イエスご自身の言われた『受けるより与えるほうが幸いだ』という言葉を覚えておくよう,わたしはあらゆる事においてあなた方に模範を示したのです」。 
36 こう語ってから,みんなと一緒にひざまずいて祈った。 
37 みんなは激しく泣き,パウロの首を抱いて口づけした。 
38 もはや自分の顔を見ることはないだろうと語った彼の言葉のために,とりわけ悲嘆したのである。それから彼を船まで送って行った。

Colloquial Japanese Bible Kougo-Yaku (1954-55) : 使徒言行録 20