Japanese Bible

Total Pageviews

Search This Blog

ハバクク書 2

Colloquial Japanese Bible Kougo-Yaku (1954-55)

ハバクク書 2


それゆえ,わたしたちは聞いた事柄にいっそう注意を払わなければなりません。そうでないと,わたしたちは押し流されてしまうかも知れません。 
というのは,み使いたちを通して語られた言葉が堅く保証され,すべての違反と不従順が当然の報いを受けたのであれば, 
わたしたちは,これほど大きな救いをないがしろにした場合,どうして逃れることができるでしょうか。この救いは最初に主を通して語られ,聞いた人たちによってわたしたちのために確証され, 
神も,しるしと不思議,さまざまな力ある業,またご自分のご意志に従って聖霊の贈り物を分け与えることにより,彼らと共に証言されたのです。 
というのは,その方は,わたしたちが語っている来たるべき世を,み使いたちに服させることはされなかったからです。 
むしろ,ある人がある箇所で証言して,こう言っています。 「人間は何者なのですか,あなたがそれに思いを留められるとは。 また,人の子は何者なのですか,あなたがそれを心にかけてくださるとは。 
あなたは彼をしばらくの間み使いたちよりも低い者とされ, 彼に栄光と誉れを冠として与えられました。{TRは,「そして彼をあなたのみ手の業の上に置かれました」と加えている。} 
すべてのものを彼の足の下に服従させられました」。 その方は,すべてのものを彼に服させられたのですから,彼に服さないものは一つも残されなかったのです。それなのに,わたしたちはすべてのものが彼に服しているのをまだ見ていません。 
ただ,しばらくの間み使いたちよりも低くされた方であるイエスが,死の苦しみのゆえに,栄光と誉れを冠として与えられたのを見ています。それは,神の恵みによって,彼がすべての人のために死を味わわれるためでした。 
10 というのは,多くの子らを栄光に至らせるにあたって,彼らの救いの創始者を数々の苦しみを通して完成させることは,すべてのものがその方のために存在し,またすべてのものがその方を通して存在しているその方にふさわしいことであったのです。 
11 実に,聖別する方も聖別される人たちも,みな一人の方から出ているからです。そのために彼は,彼らを兄弟たち{この「兄弟たち」という言葉は,ここや文脈が許す箇所においては,正確には「兄弟たちと姉妹たち」または「きょうだいたち」とも訳せる。}と呼ぶことを恥とはされず, 
12 こう言っておられます。 「わたしはあなたのみ名をわたしの兄弟たちに知らせます。 会衆の中であなたの賛美を歌います」。 
13 また,「わたしはその方に信頼を置きます」。また,「見よ,わたしと,神がわたしに与えてくださった子供たちがここにいる」。 
14 それで,子供たちは肉と血とにあずかっているので,彼自身も同じようにその同じものを共にされました。それは,ご自分の死を通して,死の力を持つ者,すなわち悪魔を無に至らせ, 
15 死についての恐れのために生涯にわたって束縛を受けていた者たちを,みな解放するためでした。 
16 確かに,彼はみ使いたちを助けるのではなく,アブラハムの子孫を助けてくださるからです。 
17 それで,彼はすべてのことにおいて自分の兄弟たちと同じようになる義務がありました。それは,民の罪をあがなうために,神に関わる事柄において恵み深い忠実な大祭司となるためでした。 
18 というのは,彼自身,誘惑に遭って苦しみを受けられたからこそ,誘惑に遭っている人たちを助けることができるのです。

Colloquial Japanese Bible Kougo-Yaku (1954-55) : ハバクク書 2