Japanese Bible

Total Pageviews

Search This Blog

マルコによる福音書 4

Colloquial Japanese Bible Kougo-Yaku (1954-55)

マルコによる福音書 4


彼は再び海辺で教え始めた。大群衆が彼のもとに集まって来た。そのため彼は,海上の舟の中に入って座った。群衆は皆,海辺の陸地にいた。 
彼はたとえを用いて多くの事を教え,自分の教えの中で人々に言った, 
「聞きなさい!?見よ,ある耕作人が種をまきに出かけた。 
そして,種をまいているときのこと,ある種は道ばたに落ち,{TRは「空の」を加えている}鳥たちがやって来て,それをむさぼり食ってしまった。 
別の種は土の少ない岩地の上に落ちた。そして,土が深くなかったので,すぐに芽を出した。 
太陽が昇ると焦がされ,根がないために枯れ果ててしまった。 
別の種はイバラの間に落ち,イバラが伸びて来てそれをふさぎ,それは実を生じなかった。 
それ以外の種は良い土に落ち,成長して大きくなり,実を生じた。あるものは三十倍,あるものは六十倍,あるものは百倍もの実を生み出した」。 
彼は言った,「だれでも聞く耳のある者は聞きなさい」。 
10 彼がひとりになった時,十二人と共に彼の周りにいた者たちは,このたとえについて彼に尋ねた。 
11 彼は彼らに言った,「あなた方には神の王国の秘密が与えられているが,外にいる者たちにはすべての事がたとえで与えられる。 
12 それは,『彼らが見るには見るが分からず,聞くには聞くが理解せず,何かの拍子に立ち返って,その罪が許されることのないため』だ」。 
13 彼らに言った,「あなた方はこのたとえが理解できないのか。どのようにしてほかのすべてのたとえを理解するつもりなのか。 
14 耕作人はみ言葉をまくのだ。 
15 道ばたにみ言葉がまかれたものとは,こういう人たちのことだ。彼らが聞くと,すぐにサタンがやって来て,彼らの内にまかれたみ言葉を取り去るのだ。 
16 同じように,岩地の上にまかれたものとは,こういう人たちのことだ。み言葉を聞くと,喜んですぐに受け入れる。 
17 自分の内に根がないので,短命だ。み言葉のために圧迫や迫害が生じると,すぐにつまずく。 
18 イバラの間にまかれたものとは,別の者たちのことだ。これはみ言葉を聞いた人たちだが, 
19 この時代の思い煩いや,富の欺きや,ほかの物事に関する欲望が入り込んでみ言葉をふさぎ,それは実を結ばなくなる。 
20 良い土の上にまかれたものとは,こういう人たちのことだ。み言葉を聞いて受け入れ,ある者は三十倍,ある者は六十倍,ある者は百倍の実を結ぶのだ」。 
21 彼らに言った,「ともし火が持って来られるのは,かご{字義,a modion,約1ペック(約9リットル)入りの穀物の計量かご}の下や寝台の下に置かれるためだろうか。燭《しょく》台の上に置かれるためではないか。 
22 というのは,知られるためでないのに隠されているものはなく,明るみに出るためでないのに秘密にされているものはないからだ。 
23 だれでも聞く耳のある者は聞きなさい」。 
24 彼らに言った,「自分が聞いていることに注意を払いなさい。あなた方が量るそのはかりで,あなた方に量られるだろう。そして,聞いている者にはさらに与えられるだろう。 
25 持っている者にはさらに与えられ,持っていない者からは持っているものまでも取り去られることになるからだ」。 
26 彼は言った,「神の王国は次のようなものだ。人が地に種をまき, 
27 夜昼,寝起きしているうちに,種は芽が出て成長する。どのようにしてかを彼は知らない。 
28 地が実を生み出すのであって,最初に葉,それから穂,それから豊かな穀粒を生み出すからだ。 
29 しかし,実が熟するとすぐに彼はかまを入れる。収穫の時が来たからだ」。 
30 彼は言った,「わたしたちは,神の王国をどのようにたとえようか。あるいは,どんなたとえで説明しようか。 
31 それは一粒のからしの種のようなものだ。それは,地にまかれる時は地上のあらゆる種よりも小さい。 
32 だがいったんまかれると,成長し,あらゆる草よりも大きくなり,大きな枝を張り,その陰で空の鳥たちが巣を作れるほどになる」。 
33 彼は,人々の聞くことができる程度に応じて,このようなたとえを多く用いてみ言葉を語った。 
34 たとえなしでは人々に語らなかった。しかし,弟子たちに対しては,ひそかにすべてのことを説明した。 
35 その日,夕方になった時,彼は彼らに「向こう岸に渡ろう」と言った。 
36 彼らは,群衆を残して,舟に乗っているままで彼を連れて行った。他の小舟も彼と共にいた。 
37 激しい風あらしが起こり,波が舟の中に打ちつけて,舟はもはや水でいっぱいになるほどであった。 
38 彼自身は船尾にいて,まくらをして眠っていた。そこで彼らは彼を起こして告げた,「先生,わたしたちが死にかかっていても平気なのですか」。 
39 彼は目を覚まし,風をしかりつけ,海に言った,「静まれ!?静かになれ!」?風はやみ,大なぎになった。 
40 彼は彼らに言った,「なぜそんなに恐れるのか。信仰がないのはどうしてか」。 
41 彼らは非常に恐れて,互いに言い合った,「風や海さえも従うとは,いったいこの方はどなただろう」。 

Colloquial Japanese Bible Kougo-Yaku (1954-55) : マルコによる福音書 4