Japanese Bible

Total Pageviews

Search This Blog

マルコによる福音書 2

Colloquial Japanese Bible Kougo-Yaku (1954-55)

マルコによる福音書 2


数日後,再びカペルナウムに入ると,彼が家にいることが知れ渡った。 
すぐに大勢の人が集まったので,戸口のあたりにさえ,もう場所がなかった。それで彼は人々にみ言葉を語った。 
四人の人たちが,彼のもとに体のまひした人を運んで来た。 
群衆のために彼のそばに近づくことができなかったので,彼がいる所の屋根を取り除いた。それを解体してしまうと,彼らは体のまひした人が横たわっている寝床を降ろした。 
イエスは彼らの信仰を見て,体のまひした人に言った。「子よ,あなたの罪は許された」。 
ところが,そこに数人の律法学者たちが座っていて,心の中でこう論じていた。 
「なぜこの人はこのような冒とくを語るのか。神おひとりのほか,だれが罪を許せるだろうか」。 
すぐにイエスは,彼らが心の中でこのように論じているのを自分の霊によって気づき,彼らに言った,「なぜあなた方は心の中でこうしたことを論じているのか。 
体のまひした人に,『あなたの罪は許されている』と告げるのと,『起き上がって,寝台を取り上げて歩きなさい』と言うのでは,どちらがたやすいか。 
10 だが,人の子が地上で罪を許す権威を持っていることをあなた方が知るために」―体のまひした人に言った― 
11 「あなたに告げる。起き上がって,寝台を取り上げて,自分の家に帰りなさい」。 
12 その人は起き上がり,すぐに寝床を取り上げて,みんなの前を出て行った。そこで人々はすっかり驚き,「このようなことは今まで見たことがない」と言って,神に栄光をささげた。 
13 彼は再び海辺に出て行った。群衆が皆,そのもとにやって来た。それで彼は人々を教えた。 
14 通りすがりに,アルファイオスの子レビが収税所に座っているのを見て,「わたしに従いなさい」と言った。すると彼は立ち上がって,イエスに従った。 
15 彼の家でイエスが食卓に横になっていたときのことである。大勢の徴税人や罪人が,イエスや弟子たちと共に座っていた。大勢の人がいて,イエスに従っていたからである。 
16 律法学者たちとファリサイ人たちは,彼が罪人たちや徴税人たちと共に食事をしているのを見て,彼の弟子たちに言った,「なぜ彼は,徴税人たちや罪人たちと共に食べたり飲んだりするのか」。 
17 イエスはこれを聞いて,彼らに言った,「健康な人たちに医者は必要でなく,病気の人たちに必要なのだ。わたしは義人たちではなく,罪人たちを悔い改めへと呼び寄せるために来た」。 
18 ヨハネの弟子たちとファリサイ人たちが断食していると,人々はやって来て彼に尋ねた,「ヨハネの弟子たちとファリサイ人の弟子たちは断食するのに,あなたの弟子たちが断食しないのはなぜですか」。 
19 イエスは彼らに言った,「花婿の付き添い役は,花婿が共にいるのに断食できるだろうか。花婿が共にいる間は,彼らは断食できない。 
20 だが,花婿が彼らから取り去られる日々が来る。その日には,彼らは断食するだろう。 
21 縮んでいない布切れを古い衣に縫いつける人はいない。そんなことをすれば,継ぎ切れが縮んで,新しいものが古いものを引き裂き,破れはいっそうひどくなる。 
22 新しいブドウ酒を古い皮袋に入れる人はいない。そんなことをすれば,新しいブドウ酒は皮袋を破裂させ,ブドウ酒は流れ出て,皮はだめになるだろう。そうではなく,人々は新しいブドウ酒を新しい皮袋に入れるのだ」。 
23 彼が安息日に穀物畑を通っていたときのこと,彼の弟子たちは進みながら穀物の穂を摘み始めた。 
24 ファリサイ人たちが彼に言った,「見よ,なぜ彼らは安息日に許されていないことをしているのか」。 
25 彼は彼らに言った,「ダビデが,自分も共にいた者たちも窮乏して空腹だったときに何をしたか,あなた方は一度も読んだことがないのか。 
26 アビアタルが大祭司だったときに,彼がどのようにして神の家に入り,祭司たちのほかは食べることが許されていない供えのパンを食べ,共にいた者たちにも与えたかを」。 
27 彼らに言った,「安息日は人のために作られたのであって,人が安息日のために作られたのではない。 
28 だから,人の子は安息日の主でもあるのだ」。

Colloquial Japanese Bible Kougo-Yaku (1954-55) : マルコによる福音書 2