Japanese Bible

Total Pageviews

Search This Blog

ヨハネによる福音書 10

Colloquial Japanese Bible Kougo-Yaku (1954-55)

ヨハネによる福音書 10


「本当にはっきりとあなた方に言う。羊の囲いに戸口から入らず,どこかほかの所を乗り越える者,その者は盗人であり,強盗だ。 
しかし,戸口から入る者はその羊の羊飼いだ。 
門番は彼のために門を開き,羊は彼の声に耳を傾ける。彼は自分の羊を名前で呼ぶ。 
自分の羊を連れ出すときはいつでも,彼はその前を行き,羊は彼に従う。彼の声を知っているからだ。 
彼らはよその人には決して従わず,その者から逃げ出す。彼らはよその人の声を知らないからだ」。 
イエスはこのたとえを彼らに話したが,彼らは自分たちに告げられたことを理解しなかった。 
それでイエスは再び彼らに言った,「本当にはっきりとあなた方に告げる。わたしが羊の戸口だ。 
わたしより先に来た者はみな盗人であり,強盗だ。だが,羊は彼らの言うことに耳を傾けなかった。 
わたしが戸口だ。だれでもわたしを通って入るなら,その者は救われ,出入りし,牧草を見つけるだろう。 
10 盗人は,盗み,殺し,滅ぼすためだけにやって来る。わたしが来たのは,彼らが命を得,それを豊かに得るためだ。 
11 わたしが良い羊飼いだ。良い羊飼いは羊のために自分の命を捨てる。 
12 雇い人であって,羊飼いでなく,羊を所有していない者は,やって来るオオカミを見ると,羊を残して逃げる。オオカミは羊を奪い,彼らを追い散らす。 
13 雇い人が逃げるのは,彼が雇い人であって,羊のことを心にかけていないからだ。 
14 わたしが良い羊飼いだ。わたしは自分の羊を知っており,自分の羊に知られている。 
15 ちょうど父がわたしを知っておられ,わたしが父を知っているのと同じだ。わたしは羊のために自分の命を捨てる。 
16 わたしにはこの囲いのものではないほかの羊がいる。それらもわたしは連れて来なければならず,彼らはわたしの声を聞く。彼らはひとりの羊飼いを持つひとつの群れとなる。 
17 それゆえに父はわたしを愛しておられる。わたしが,再びそれを得るために,自分の命を捨てるからだ。 
18 だれかがわたしからそれを取り去るのではなく,わたしは自分でそれを捨てるのだ。わたしにはそれを捨てる力があり,それを再び得る力もある。わたしはこのおきてを父から受けた」。 
19 そのため,これらの言葉を聞いたユダヤ人たちの間に再び分裂が生じた。 
20 彼らのうち多くの者は言った,「彼は悪魔に取りつかれて,気が狂っている!?なぜあなた方は彼の言うことに耳を傾けるのか」。 
21 他の者たちは言った,「これは悪魔に取りつかれた者の言うことではない。悪魔には盲人の目を開けることなどできないではないか」。 
22 エルサレムで奉献の祭り{「奉献の祭り」は「ハヌッカ」に対するギリシャ語名で,神殿の請け戻しの祝典。}があった。 
23 冬のことであった。イエスは神殿の中で回廊を歩いていた。 
24 それでユダヤ人たちは彼を取り囲んで言った,「いつまであなたは我々をどっちつかずにしておくのか。あなたがキリストなら,我々にはっきりと告げてくれ」。 
25 イエスは彼らに答えた,「わたしはあなた方に告げたが,あなた方は信じない。わたしが自分の父の名において行なう業,それがわたしについて証言する。 
26 だが,あなた方は信じない。わたしが告げたように,あなた方はわたしの羊に属していないからだ。 
27 わたしの羊はわたしの声を聞き,わたしは彼らを知っており,彼らはわたしに従う。 
28 わたしは彼らに永遠の命を与える。彼らは滅びることなく,彼らをわたしの手から奪い取る者はいない。 
29 わたしに彼らを与えられたわたしの父は,すべてのものよりも偉大だ。わたしの父の手から奪い取ることができる者はいない。 
30 わたしと父とは一つだ」。 
31 それでユダヤ人たちは,彼を再び石打ちしようとして石を拾い上げた。 
32 イエスは彼らに答えた,「わたしは自分の父から出た多くの良い業をあなた方に見せてきた。その中のどの業のためにあなた方はわたしを石打ちにするのか」。 
33 ユダヤ人たちは彼に答えた,「我々があなたを石打ちにするのは,良い業のためではなく,冒とくのためだ。あなたは人間でありながら,自分を神としたからだ」。 
34 イエスは彼らに答えた,「あなた方の律法の中に,『わたしは言った,あなた方は神々である』と書いていないだろうか。 
35 神の言葉の臨んだ人々を神々と呼んだのに(そして聖書は廃れることがあり得ない), 
36 『わたしは神の子だ』とわたしが言ったことのために,父が聖別して世に遣わされた者に関して,『あなたは冒とくしている』と言うのか。 
37 わたしが自分の父の業を行なっていないのなら,わたしを信じるのをやめなさい。 
38 だが,わたしがそれらのことを行なっているのなら,たとえわたしを信じないとしても,その業を信じなさい。父がわたしの内におられ,わたしが父の内にいることを知り,また信じるためだ」。 
39 彼らは再び彼を捕まえようとした。しかし,彼は彼らの手から出て行った。 
40 彼は再びヨルダンの向こう,ヨハネが最初にバプテスマを施していた場所へ去って行き,そこに滞在した。 
41 大勢の人が彼のところにやって来た。彼らは言った,「ヨハネは確かに何のしるしも行なわなかったが,ヨハネがこの人について言ったことはすべて真実だった」。 
42 そこでは大勢の人が彼を信じた。

Colloquial Japanese Bible Kougo-Yaku (1954-55) : ヨハネによる福音書 10